支援体制しょうがい学生へのサポート

しょうがいのある学生に対する支援は、学内の関係者・関連部局が相互に協力して行う体制を整えています。

しょうがいしゃ(学生・教職員)支援ネットワーク

しょうがいしゃ(学生・教職員)支援ネットワークは、しょうがいのある学生や教職員がキャンパスで生活するうえでの不便を軽減するため、大学内の連絡・調整を図るとともに、しょうがいのある人にとって、より開かれた大学のあり方を検討し、提言等を行います。

学生サポートスタッフ

しょうがいのある学生への支援は、同じ立教大学で学ぶ学生サポートスタッフが大きな役割を果たしており、聴覚しょうがい学生に対して講義内容をその場で文字にして伝えるノートテイクなど、さまざまな活動を行っています。

学生サポートスタッフの活動内容

パソコンテイク

1. ノートテイク
聴覚しょうがいのある学生に対するサポート。授業に同席し、講義の内容やその場で起こっていることを用紙に書いて伝えます。

2. パソコンテイク
聴覚しょうがいのある学生に対するサポート。授業に同席し、講義の内容やその場で起こっていることをパソコンに打ち込んで伝えます。

3. 手話通訳 ※授業形態に合わせた限定的なサポートです
聴覚しょうがいのある学生に対するサポート。必要に応じて、実技科目やディスカッションが行われるゼミ等の授業でサポートを行います。

4. 音声ガイド
視覚しょうがいのある学生に対するサポート。授業に同席し、板書を読み上げたり、映像教材を説明して内容を伝えます。また、プリントを受け取ったり、リアクションペーパー等の代筆・提出などのサポートを行います。

5. 対面朗読
視覚しょうがいのある学生に対するサポート。必要に応じて、教材等を朗読したり、読み上げたものを録音したりします。

6. 移動サポート
教室間の移動などのサポートを行います。

7. ポイントテイク
授業に同席し、本人の代わりにノートを作成します。

8. その他
実験や実習等をはじめ、必要に応じてサポートを担当していただくことがあります。

講習会・スキルアップ

実践!バリアフリー講座

しょうがい学生支援室では、ノートテイク講習会・パソコンテイク講習会をはじめ、各種プログラムを実施しています。

ノートテイク講習会・パソコンテイク講習会
聴覚しょうがいについての知識や、声や音の情報を手書き文字やパソコンへの文字入力で伝える情報保障のスキルを学ぶことができます。

点字講座
点字の仕組みやルールを学び、点字を打ったり、点訳に挑戦します。初めて点字を学ぶ方に向けた講座です。

実践!バリアフリー講座
多くの体験を取り入れて介助やコミュニケーションのポイントを学び、様々なしょうがいへの理解を深めます。