課外活動の拠点「山小屋」 その名はカフェテリアに引き継がれている

写真で見る立教いま・むかし

2017/06/08

トピックス

OVERVIEW

立教大学の「いま」と「むかし」をご紹介します。

1992(平成4)年に完成した学生課外活動施設ウィリアムズホールの2階には「カフェテリア山小屋」という軽食堂があります。「山小屋」という名は、かつて現在のマキムホール(15号館)辺りにあった木造建築につけられていた通称でした。

教室棟として誕生し、その後は主に文科系サークル団体の部室として使われていた。

「山小屋」という通称は外観に由来すると言われています。

この建物は1931(昭和6)年に校舎(38番~ 41番教室)として建てられましたが、戦後、課外活動を行う部室が足りなくなり、教室から転用することになったのです。ちょうど1959(昭和34)年の法学部開設に備えて5号館が完成し、多少教室に余裕が出たことが幸いしました。すでにこの時には「山小屋」と呼ばれていたようです。
その後、課外活動の拠点として学生たちに親しまれましたが、ウィリアムズホールの完成に伴い、取り壊されました。

現在の「カフェテリア山小屋」。ゼミやサークルのパーティーなどでの貸し切り利用もできる

ウィリアムズホールは中心部に吹き抜けの大きなアトリウムと階段がある地下1階、地上5階建ての課外活動施設。体育会やクラブ・サークルの部室、スタジオ、音楽練習室などがある

第一食堂の西側に「山小屋」があった頃の池袋キャンパス

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2017/11/28

潜入!ゼミナール 2:東京パラリンピック支援の方法と実践