公開セミナー「性的マイノリティ(障害のある人のセクシュアリティ)と多元的共生」

INFORMATION

  • 2017年9月30日(土)13:30~16:00
  • 池袋キャンパス 11号館3階 A301教室

昨今多元的共生社会を積極的に目指そうとする動きがみられてきている。しかし、未だに無視され・迫害され、偏見や誤解を受けている人たちが大勢いる。性的マイノリティの人たちも例外ではない。そこで、性的マイノリティの人たちが置かれている実態を掘り下げ、課題解決のためにはどうしたらよいのかを検討することを目的として連続公開セミナーを開催する。第1回目のセミナーでは、障害のある人のセクシュアリティを取り上げ、他者と同じ価値や可能性を持てるようにするためにはどうしたらよいのかを検討する。

詳細情報

名称

公開セミナー「性的マイノリティ(障害のある人のセクシュアリティ)と多元的共生」

内容

《タイムテーブル》
13:30~14:00 基調報告(河東田 博 社会福祉研究所所員)
14:00~15:15 講演(坂爪 真吾 氏)
15:15~16:00 対談

《講師》
坂爪 真吾 氏(一般社団法人 ホワイトハンズ代表理事)
【略歴】
東京大学文学部卒。東大在学中に、歌舞伎町の性風俗産業の研究を行う過程で性風俗産業の問題を知る。同大卒業後「性産業の社会化」をテーマに起業。2008年「障害者の性」問題を解決するための非営利組織・ホワイトハンズを設立(2011年一般社団法人化)。2014 年12月社会貢献者表彰(社会貢献支援財団)、2015年5月新潟人間力大賞グランプリ(新潟青年会議所)等受賞。『性風俗のいびつな現場』(2016年、ちくま新書)、『セックスと障害者』(2016年、イースト新書)他著者多数。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

社会福祉研究所

お問い合わせ

社会福祉研究所事務局 金 敏貞

電話:03-3985-2607

イベントレポート