公開講演会「明治維新・敗者のヒューマニズム~小栗忠順、江藤新平そして勝海舟~」

INFORMATION

  • 2017年11月11日(土)15:00~16:30
  • 池袋キャンパス 9号館大教室

明治における近代化の父と呼ばれながら打ち首にされた切れ者の幕臣小栗忠順。逆賊の汚名を浴びせられ佐賀の乱でさらし首にされた人権主義者江藤新平。そして彼らの後姿を見送り敗者への支援を惜しまなかった非戦論者江戸っ子勝海舟。明治維新の陰影を直視し、理想に燃え、権力闘争に敗れた者たちの足跡を、高崎・佐賀・東京そしてサンフランシスコへの<旅>で追いながら、男たちの残したヒューマンメッセージを紐解きます。

講師

本学名誉教授・自由学園最高学部長
渡辺 憲司

立教大学文学部卒業。横浜市立横浜商業高等学校(定時制)・私立武蔵高等学校・中学校、教諭、梅光女学院大学助教授、立教大学文学部教授を経て、2011年3月定年退職。名誉教授。同年8月より、立教新座中学校・高等学校校長。2015年3月、同校を退職。現在は自由学園最高学部長。2011年3月震災により中止になった立教新座高等学校卒業式での式辞をHPで公開し話題になった。エッセイ『時に海を見よ』(双葉社)がベストセラー。

詳細情報

名称

公開講演会「明治維新・敗者のヒューマニズム~小栗忠順、江藤新平そして勝海舟~」

対象者

一般・セカンドステージ大学受講生・本学学生・教職員

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

立教セカンドステージ大学

お問い合わせ

立教セカンドステージ大学事務室

イベントレポート