2014/02/20 (THU)

観光学部安島ゼミの学生たちが三重県鳥羽市のツアー商品をプロデュース
昨年に続き立教大学×鳥羽市×近畿日本ツーリストのコラボが実現

キーワード:社会・地域連携

OBJECTIVE.

観光学部安島ゼミ(担当:安島博幸教授)の学生たちが、昨年に続き三重県鳥羽市を楽しむツアープランをプロデュースしました。このツアープランは近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社の協力を得て商品化されます。

立教大学観光学部と三重県鳥羽市は、推理小説家江戸川乱歩を通じた縁により、オリジナリティあふれるツアーの商品化を検討する事業を進めてきました。昨年8月、学生たちは鳥羽市の現地調査を実施。調査で発掘したアイデアに基づき、今回のツアープランでは鳥羽ならではの「食の文化」「島の生活」「海女の暮らし」「旅の思い出」の4テーマ・全8コースが用意されています。

2月19日(水)には、東京日本橋の三重テラスで商品発表会が行われ、安島教授と学生たちが出席。学生たちはツアープランの概要や企画に込めた思いなど説明しました。