2015/03/05 (THU)

季刊『立教』232号<特集 東日本大震災から4年。立教大学の復興支援のこれまでとこれから>発行

キーワード:その他

OBJECTIVE.

【232号の主な内容】
<特集>
東日本大震災から4年。
立教大学の復興支援のこれまでとこれから
東日本大震災から4年。本学では、岩手県陸前高田市に重点を置いた支援を現在も続けています。しかし、いまだ復興には程遠い現状があります。今号では、本学卒業生であり、岩手県の気仙地方(大船渡市・陸前高田市・住田町)で発行する地域紙「東海新報」記者の鈴木英里さんをお招きし、本学の復興支援について、復興支援本部長西原廉太副総長と振り返りました。

<カメラ訪問>
学生と共に「はやぶさ2」搭載カメラ開発協力
2014年12月に打ち上げられた「はやぶさ2」。そこに搭載された「光学航法カメラ」の開発には、本学理学部亀田真吾准教授と研究室の学生たちが携わりました。学生たちの技術や知恵が宇宙に——その足跡を伺いました。

<採録>
「スーパーグローバル大学創成支援」採択記念公開講演会
ジェラルド・カーティス教授「変動する東アジア情勢と日米関係」

<スペシャル対談>
聖路加国際大学 井部俊子学長×立教大学 吉岡知哉総長
「グローバル時代の人材教育とは」

<インタビュー>
立教学院理事長 神谷昭男
「生涯にわたって学び続け、人間力を磨く」

『立教』は、立教大学の持つさまざまなリソースを使って教育のあり方を問い続けることを主眼とした広報誌で、年4回(6月・9月・12月・3月)発行しています。定期購読をご希望の方は、立教学院広報課(TEL:03-3985-2202 Email:koho@rikkyo.ac.jp)までお問い合わせください。