スポーツウエルネス学科

MESSAGE

スポーツの力で、
健康と生きがいを
実現する

Department of
Sport and
Wellness

立教大学
新座キャンパス

OBJECTIVE

全ての人が心身とも健康に、
楽しく生活できる社会の実現に
寄与する人を育てます。

スポーツウエルネス学科の3つの特色

この学科で学べることとは?

  • スポーツが得意でなくても、
    大丈夫。

    1

    「スポーツ」は、「自分でするスポーツ」だけではありません。指導法や、スポーツの感動の伝え方、アスリートへの医科学的サポート方法など、運動とスポーツの在り方について幅広く学ぶことができます。

  • 「ウエルネス」を、
    多角的に追究する。

    2

    運動やスポーツの支援およびウエルネス社会の構築に向けた、身体運動・処方・援助・コミュニティシステム形成など、専門的な課題について考察します。

  • グローバルな視点を
    身に付ける。

    3

    北米、欧州、東南アジア、オセアニアでインターンシップを経験できる環境を整備。海外の研究者や指導者を招いたワークショップも開催しています。

スポーツウエルネス学科で
身につく能力・知識

この学科で育まれる力とは?

  • 健康な社会をつくる力。

    スポーツ科学の視点から、疾病の予防や健康運動の方法などを学ぶとともに、「福祉マインド」を基礎とする支援について学び、コミュニティ全体の健康増進に貢献する力を養います。

  • スポーツマインドと
    福祉マインド。

    スポーツを学ぶことで優れた人格を形成し、ウエルネス社会の実現に必要とされる「スポーツマインド」と「福祉マインド」を身に付けます。

  • さまざまな資格が取得可能。

    中学校・高等学校の保健体育教員免許のほか、健康運動指導士(受験資格)、初級・中級障がい者スポーツ指導員など、スポーツに関する多様な資格が取得可能です。

Q.「スポーツウエルネスを学ぶ」とは、
どういうこと?

A.「身体」と「運動」をキーワードに、あらゆる人が
健康で豊かな生活を送るための方法を探ることです。

幸福で充実した人生を送るためには、心と身体の健康だけでなく、生活の質の向上や生きがいの追求など、さまざまな面における「健康」が必要です。このような多元的な健康観である「ウエルネス」を総合的に探究し、全ての人が豊かな人生を送るウエルネス社会の構築を目指すのが、立教大学のスポーツウエルネス学科の目的です。運動やスポーツの領域を科学的に学ぶことはもちろん、医科学的、生理・心理学的、人文・社会学的に総合的なアプローチを行います。
またより高度なスポーツ科学を学ぶことで、トップアスリートのパフォーマンス向上やケガ予防などに貢献するとともに、そこで得たデータや知見を、多くの人が実践できるプログラムの開発などにも役立てます。

高齢化や生活習慣病、ストレスが増加する現代社会の中で、この分野での研究成果に大きな期待が寄せられています。

赤ちゃんの
ウエルネスのために、
ベビーシューズを開発。

ウエルネスの追求は、赤ちゃんの頃から始まっています。例えば「歩くこと」についてのウエルネス。歩行を段階的に覚えていく赤ちゃんには、足の発育に合わせた適切なシューズが必要です。スポーツウエルネス学科の加藤晴康教授は、ベビー用品メーカーと共同で、赤ちゃんの足の発育に合わせて歩行をサポートするベビーシューズを開発しました。

整形外科医としてトップアスリートのケガ予防などにも取り組む加藤教授は、生理学や医学的な視点から、赤ちゃんの足の特徴、歩行の発達過程、大人との歩き方の違いなどを徹底調査。赤ちゃんの足にフィットする形状や指を動かしやすい空間、足裏を自由に曲げられるソールなど、赤ちゃんのウエルネスを追求したベビーシューズを完成させたのです。

健やかな成長を支えること。それもスポーツウエルネスが担う大切な役割です。

例えば、
こんなことも
スポーツウエルネス学科の
学びです。

スポーツウエルネス学科の教員と担当科目

教員一覧を表示する
氏名 担当科目 リンク
濁川孝志 ウエルネス福祉論、運動方法学演習6(野外活動:キャンプ) ほか 研究者情報
松尾哲矢 スポーツ社会学、ユニバーサルスポーツ援助技術演習 ほか 研究者情報
沼澤秀雄 スポーツコーチ学、運動方法学演習2(陸上競技) ほか 研究者情報
安松幹展 運動生理学、スポーツ科学総論 ほか 研究者情報
佐野信子 ウエルネスプロモーション論、健康運動指導演習 ほか 研究者情報
杉浦克己 運動・スポーツ栄養学、ウエルネス科学総論 ほか 研究者情報 個人サイト
加藤晴康 ウエルネススポーツ医学、循環器検査・救急処置演習 ほか 研究者情報
大石和男 スポーツウエルネス心理学、メンタルマネジメント ほか 研究者情報
石渡貴之 生理学、運動処方・療法、発育・発達・加齢論 ほか 研究者情報
石井秀幸 バイオメカニクス、動作分析法演習 ほか 研究者情報
今西 平 ストレングス・コンディショニング論 ほか 研究者情報
ライトナー・カトリン・ユミコ スポーツマネジメント論 ほか 研究者情報

こんな学科もあります

スポーツウエルネス学科に興味がある人は、これらの学科にも興味を持っています。

教員と学生の距離が近く、授業やクラブ活動について気軽に相談できるのが魅力です。

スポーツウエルネス学科 立山果奈さん大学案内2017より

競技スポーツ、生涯スポーツ、障がい者スポーツ、リハビリテーションなど、自分が興味を持ったことを学べる環境があります。

スポーツウエルネス学科卒業生 吉澤瑞樹さん学部案内2017より

スポーツ社会学を学ぶ松尾先生のゼミに所属し、女性スポーツについてグループ研究を行いました。先生のご指導のもと班員と協力した結果、日本スポーツ政策会議SPJにおいて優秀賞を受賞することができ、よい経験となりました。

スポーツウエルネス学科 朝倉 菜緒さん大学案内2018より