在学生の学び

高校1年生の時に、自分が行きたい国のツアープランを考えて発表するという課題が地理の授業であったのですが、この課題に取り組んでいくうちに、自分の学びたい学問が観光学であることに気づきました。これが立教大学観光学部に進学した大きなきっかけです。
もともと外国の文化にも興味があり、大学入学後は何らかの海外研修に参加したいと考えていました。そうしたなか、国外の事例を実見しながら、観光の実状や観光化に伴って発生する課題について学ぶ「早期体験プログラム」の存在を知り、観光学部ならではの貴重な学習機会になると考え、参加を決めました。
早期体験プログラムは事前学習が充実しており、訪問先であるカンボジアのアンコール遺跡群の修復状況などについて学びました。そこでカンボジアの遺跡修復に日本が深く関わっていることを知り、現地ではこうした点にも注意しながらフィールドワークを行うことができました。
卒業論文では、日本人の海外移住と観光産業の関係に着目し、カンボジアのシェムリアップで聞き取り調査を行いました。現地では、観光産業に携わる日本人に焦点を当て、彼らがなぜそこへ移住し、観光とどのように関わることで生きていこうとしているのかについて考察しました。
このテーマへたどり着くまでには、ふたつのターニングポイントがあります。ひとつめが1年次に参加した「早期体験プログラム」です。このプログラムに参加してミャンマーを訪れたのですが、そこでは、常識や先入観といったフィルターをとおしてではなく、実際にフィールドで得た見聞から物事を理解することの大切さを学びました。
ふたつめのポイントがゼミ合宿です。3年次のゼミ合宿でシェムリアップを訪問し、日本人移住者の方々に出会いました。フィールドワークを行いながら、理想の人生を追い求める彼らに「生きる場」を与えている観光の存在って何なのだろう、という疑問を抱き、それが卒業論文「理想の人生をめぐる移住」を執筆するきっかけとなりました。
また、3年次と4年次の間には、学部間協定を利用してタイのタマサート大学へ留学しました。観光学部で学ぶことで、私の可能性は大きくふくらみました。