幼い頃にテーマパークを訪れたときの思い出が忘れられず、大学では、多くの人びとを惹きつける場所や空間について勉強したいと考えていました。テーマパークに関する本を読み、特にその経営手法に興味を抱いたのが観光学を知ったきっかけです。
進学先を検討しているときに立教大学観光学部の存在を知り、観光ビジネスや観光地づくりについて学びたいと考え、観光学科を志望しました。経営学、経済学、心理学、地理学など、多彩な学問分野から観光にアプローチできることや、観光の現場で活躍されている方々から直接話をうかがえる機会が多いことに魅力を感じました。
実際に観光学科で学んでみて、観光を深く理解するためにはさまざまな学問の視点や知識が必要だということを感じています。多彩な学問分野の見方や考え方を身につけることで、いままで気づかなかった観光の側面に意識が向くようになりました。また、教室での学びだけでなく、観光の現場を知ることも大切だと実感しています。観光の最前線で活躍されている方々の経験から学んだり、観光地で実際にフィールドワークを行ったりすることで、これまでの学習内容がよりリアルになるだけでなく、課題を発見することができます。
現在所属している韓ゼミでは、グループワークを中心に、国内の観光地を事例に取り上げ、観光地や観光産業の実態を調査・分析するための手法を学んでいます。ゼミでは毎回課題や発表が課せられますが、主体的に学ぼうとする雰囲気があるため、やりがいを強く感じています。
このように観光学科では、日々変化する観光の最先端を学ぶことができます。