観光学科とは?

観光学科のカリキュラム

拡大する観光ビジネスや地域づくりを学ぶ

観光学科のカリキュラム

観光学部での学びは、観光学という学問の楽しさ奥深さを知ることから始まります。1年次には「観光概論」、「観光史」など学部共通の必修科目、「観光事業論」、「観光経済学」、「経営学総論」などの学科選択科目を通して、観光学の基礎を固めます。2年次以降はより専門的に学んでいきます。観光学科では観光ビジネス地域づくりという2の柱から科目が構成されています。観光ビジネスに関しては、「宿泊産業概論」、「旅行産業論」、「外食産業論」、「観光交通論(鉄道・航空)」、「マーケティング総論」などを、地域づくりに関しては、「観光計画論」、「観光施設論」、「都市観光論」、「観光行動論」、「国際観光政策論」などを開講しています。
こうした専門性の高い科目の履修、および演習(ゼミ)での学びを通して、徐々に自分なりの問いを立て、考える力を養います。その成果は4年次の卒業論文・卒業研究に発揮されるとともに、実社会で生きる力になっていきます。

充実した外国語教育

1~2年次を中心に、全学共通科目という立教大学全体で開講された多様な科目を履修することで、広い教養を身につけます。
全学共通科目には宗教や人権、芸術などに関する総合系科目と、英語をはじめとした言語系科目があります。英語ではリーディングだけでなく、少人数クラスのディスカッションやプレゼンテーションの科目が必修です。さらに、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語からも言語系科目を履修します。
これらを通し、グローバルな視野で考え行動するための基礎となる力を身につけます。 全学共通科目の科目紹介

カリキュラムマップ

●各科目の詳細については、立教大学ウェブサイト内の「シラバス・時間割検索システム」でご確認下さい。

シラバス・時間割検索システム