観光学部とは?

観光は現代社会を象徴する現象です。現在、世界中で年間11億人以上の人々が、観光目的で国境を越えて旅行していると言われています。観光は世界最大の産業であり、その経済的、文化的影響力の大きさは計り知れません。
立教大学観光学部では、多様化した観光の全体像を明らかにする為に、「ビジネスとしての観光」 「地域社会と観光」「文化現象としての観光」という3つのプログラム群をもとに、経営学、経済学、地理学、社会学、人類学など人文・社会科学を基盤とした総合的な教育が行われています。